2019年8月10日土曜日

入線日記50 KATO EF200

こんばんは~
かいじ117号です。

入線日記50
KATO 3036 EF200

このEF200形式は実車を見たこともないのに、欲しくなり2度目の再販時に購入したものです。それからしばらくたち東海道線沿線に住んでいた時はたまに見かけました。新色もそのうち入線させたいと思います。
先週リニューアル品が新色・旧色共に発売されましたが当鉄道のものは旧製品になります。

取付の際、ホイッスルを何度も飛ばしてしまいアッシーパーツのお世話になりました。

側面拡大。パンタグラフがなかなか水平になってくれませんでした。

『KATO インフォメーション』
EF200は、EF66形の後継となる新世代の機関車です。日本の電気機関車としては初めてVVVFインバータ制御で三相交流誘導電動機を駆動する方式を採用。また、ボルスタレス台車、シングルアームパンタグラフ、電気指令式自動空気ブレーキなどの新機軸も採用されました。
平成4年(1992)以降、量産型が登場し試作機1両・量産型20両の計21両が製造されました。平成17年(2005)からは車体色を、より鮮やかなブルーとグレーを基調とした新塗色に変更し、東海道・山陽本線で活躍中です。

最後までご覧いただきありがとうございます。
よろしければ↓をお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
鉄道コム

0 件のコメント:

コメントを投稿