2019年6月26日水曜日

入線日記6 TOMIX 500系 山陽新幹線 「500TYPE EVA」

こんにちは~
かいじ117号です。

入線日記6
TOMIX 98959 限定品 JR500-7000系山陽新幹線(500TYPE EVA)セット
編成図
新大阪⇦ 522-7002 527-7702 526-7202 525-7004 528-7002 527-7003 526-7004 521-7002 ➡博多  
2017年2月発売品

「TYPE EVA」は6月にKATOから発表され欲しいとはおもいつつも悩みました。
その後TOMIXからも7月に発表され、しかも通常の流通品ということで速攻予約して
しまいました。
EVAファンにも響く逸品ではないでしょうか?

画像をクリックするとウィンドウを閉じます
パッケージ

画像をクリックするとウィンドウを閉じます
パッケージ2

画像をクリックするとウィンドウを閉じます
続いて先頭車

画像をクリックするとウィンドウを閉じます
先頭車側面

画像をクリックするとウィンドウを閉じます
特徴的な塗装の6号車

画像をクリックするとウィンドウを閉じます
TOMIX製の特徴V編成のパンタグラフ

もうすべてがメチャメチャカッコいいですね。

『TOMIX 実車ガイド』
 500 7000系は、2008(平成20)年より山陽新幹線内の「こだま」用に登場したJR西日本の新幹線電車です。
 同系の元は1996(平成8)年に登場した16両編成の500系新幹線W編成で東海道・山陽新幹線にて主に「のぞみ」として活躍しましたが、N700系の増備にともない、同系を「こだま」として運用するため、W編成の旧1・2・3・4・10・11・13・16号車を使用し8両編成へ短縮化する改造が行われました。
 W編成9本のう内、8本が8両化改造を受け、V2~V9編成として山陽新幹線内の「こだま」として活躍しています。
 2015(平成27)年11月より、山陽新幹線全線開通40周年と「新世紀エヴァンゲリオン」放送開始20周年を記念した「新幹線エヴァンゲリオン プロジェクト」として、同系V2編成に改装が施された車両が登場しました。エヴァンゲリオン監督である庵野秀明氏の監修と、メカニックデザイナーである山下いくと氏による車両デザインで、外装はエヴァ初号機をモチーフにした塗装に変更されています。1号車はシートをすべて撤去し、パネルやフォトスポット、ジオラマ展示、実物大コクピット登場体験も行われています。また、2号車はエヴァンゲリオンの特別内装車となっており、他の車両も扉や喫煙所など一部にエヴァンゲリオンの世界観を再現したデザインが施されています。
 製品は2015(平成27)年11月から2016(平成28)年3月まで、山陽新幹線全線開通40周年の記念ロゴを配され「500 TYPE EVA」として改装を施されたV2編成をプロトタイプとして、特徴的な外装デザインや1号車の車内を再現したモデルとなっています。

最後までご覧いただきありがとうございます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
鉄道コム

0 件のコメント:

コメントを投稿