2020年2月14日金曜日

入線日記147 TOMIX 近鉄50000系 特急「しまかぜ」

こんにちは~
かいじ117号です。

入線日記147
TOMIX 98934 【限定品】近畿日本鉄道 50000系(しまかぜ)6両セット
編成図
大阪難波・近鉄名古屋⇦ ク50102 モ50202 モ50302 サ50402 モ50502 ク50602 ➡賢島
2014年11月発売品

今回は近鉄特急です。最近の近鉄特急では来月デビューの「ひのとり」が話題ですが今回は「しまかぜ」です。

いい感じですがピラーの色が気になります。

テールライトもいい感じです。

モ50202

モ50302

サ50402

モ50502

ク50602

『TOMIX実車ガイド』
50000系「しまかぜ」は、2013(平成25)年に登場した近畿日本鉄道の特急車両です。同系は2013(平成25)年秋に行われている第62回伊勢神宮式年遷宮に合わせて、伊勢志摩地域の活性化を推進すると共に、今までにない鉄道の旅を提供し、乗ること自体が楽しみとなることを目指して開発されました。
外観は「わくわく感の醸成と持続」をデザインテーマとして、先頭形状は前面展望を考慮した大型ガラスによる、シャープでインパクトのある多面体デザインとなっており、車体塗色は「爽やかな風」をイメージし、クリスタルホワイトをベースに伊勢志摩の晴れやかな空をイメージしたブルーと、品格を表すゴールドの帯が配されています。車両は6両固定編成となっており、各車内空間もバリエーション豊かで、1・6号車は展望車両、2・5号車はバリアフリーに配慮した平床構造の車両で、それぞれシートピッチ1250mmを誇るプレミアムシートが配置されています。4号車は和風個室と洋風個室、サロン席が配されたグループ席車両。3号車は2階建て構造のカフェ車両となっており、沿線の名産品を使用した食事や地ビールなどを提供しています。
2013(平成25)年3月21日より、伊勢志摩への観光特急として、大阪難波・名古屋~賢島間で運転を開始し好評を博しています。
製品は、50000系の第2編成の車番を印刷済みとして、特徴的な車体形状から塗色まで的確に再現したモデルとなっています。

最後までご覧いただきありがとうございます。
よろしければ↓をお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
鉄道コム

0 件のコメント:

コメントを投稿